集客のために活用したいソーシャルメディアの特徴

ソーシャルメディア活用方法

ビジネスにおけるソーシャルメディア利用法

メディアとは、情報の伝達を行う「媒体」のことを指します。 テレビや新聞、雑誌、ラジオなどが含まれます。 主に受信者に対して、一方的に情報を伝達する装置のことを言います。 その中でもテレビは、ほかの媒体に比べ反響効果が大きいため、上手く活用するのが難しいとされています。

よく耳にするメディアとは何なのか

日々進化を続けるソーシャルメディア。
現在は、そのソーシャルメディアを使ったビジネスが注目を集めています。

今までは客入りがさほどなかったのに、テレビに出たら売り上げが上がったという話を耳にしたことはありませんか。
有名な芸能人が通っている、ほかにはない変わったメニューを出しているといった情報をソーシャルメディアを通して多くの人に伝えることで集客が増えたとされています。
またテレビだけではなく、雑誌やSNSで情報を拡散することで、より多くの集客が予想できます。
売り上げが2倍、3倍になったお店もあるそうです。

情報を伝達された受信者がまた情報を拡散することで、より多くのユーザーに情報が届けられます。
また個人経営店の場合は、テレビや雑誌だけではなく、インターネット上でお店を紹介したブログやSNSを公開するのも良いでしょう。
従業員の日記や新商品の紹介など、ちょっとした内容でも興味を持ったユーザーが拡散し、瞬く間に多くの受信者のもとへ情報が広がる可能性もあります。
マスメディアとは違い、受信者同士でコミュニケーションを取ることが出来るのもソーシャルメディアの大きな特徴のひとつといえます。

インターネットのウェブサイトは、新聞やテレビ、雑誌よりも速報性があるため、何よりも早く受信者のもとへ情報を届けることが出来ます。
また自分の手が空いた時間に情報発信が出来るのも良いところですね。

今はまだテレビが情報発信の中心媒体となっていますが、今後インターネットがより普及することで、スマートフォンやコンピュータが中心媒体となる時代がくるかもしれませんね。

大きな影響力があるマスメディア

マスは大衆、メディアは媒体という意味で公共に大きな影響力を持つ情報伝達媒体のことを言います。 しかし最近では、メディアと同じ意味合いで使用される場合も多いマスメディア。 そのマスメディアを用いて、不特定多数に情報を伝達することをマスコミュニケーションと言います。

SNSと何が違う?

「ソーシャルメディア」とは、情報発信者と受信者がインターネット上で繋がっているメディアのことを指します。 その中のひとつに含まれるのが、ソーシャルネットワーキングサービス、通称SNSです。 ソーシャルメディアの中には、動画共有サイトや写真共有アプリ、ブログなども含まれています。

TOPへ戻る