集客のために活用したいソーシャルメディアの特徴

ソーシャルメディア活用方法

>

大きな影響力があるマスメディア

信頼性の高さ

新聞に掲載されている記事や広告は、ほかメディアと比べ信頼性が高いとされています。
また毎日発行されているということもあり、タイムリーな内容の記事を読むことが出来ます。
古くからある媒体ということもあり、雑誌よりも購読者が多く、広告を掲載した場合は幅広い年齢層に発信することが出来ます。

ですが、若年層に対して情報発信をしたい場合はあまり向いていないかもしれません。
なぜならば、独り暮らしをしていて、新聞を購読しているといった方は少数にあります。
最近ではスマートフォンがあれば、テレビも必要ないという若者も増加傾向にあるため、そういった若年層に対しては、インターネットのSNSを使った情報発信の方が注目が浴びやすくなります。

雑誌を使って情報発信

雑誌は、年齢や趣味などを細かく分け、情報を発信することの出来る優れた媒体です。
今では、小学生や中学生向けの雑誌も多く発行されています。
また新聞とは違い、長期間保存される方が多いため、情報媒体としての効力が長いことも特徴です。
娯楽や趣味のため、週間的に必ず購入するユーザーも多く、どういった層に発信したいかということが明確な場合は受信対象を絞って伝達することも可能です。

広告はカラーで掲載することで、実際の色合いなどをわかりやすくユーザーに伝えられます。
ただ新聞とは違い、タイムリーに情報を発信することが難しいため、短期間限定のキャンペーンやイベントなどの掲載には向いていないかもしれません。
それぞれ、メリットデメリットがあるので、発信したい内容に合わせたメディアを使うのが良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る