集客のために活用したいソーシャルメディアの特徴

ソーシャルメディア活用方法

>

SNSと何が違う?

記念日を作って、集客率アップ

大手フードチェーン店では、毎月記念日を設けています。
例えば、特定の数字の付く日に商品を大幅に割引したり、もう1つオマケを付けたりしています。
では、一体どのようにして情報を宣伝しているのでしょうか。
それは、SNSを有効に活用しているのです。
事前に情報を流し、その情報を受信したユーザーが拡散し、より多くのユーザーに広がっていくのです。
インターネット上で話題になれば、テレビや新聞で取り上げられることがあります。
そうされることで、より一層広がっていくのです。

またソーシャルメディアだけではなく、実際にお店に並んでいる人を見て、「なぜ並んでいるんだろう?」と疑問を抱いた人がインターネットで調べてみるということもあるようです。
実際に長蛇の列が出来ていたら気になりますよね。
このように多くのチェーン店は、SNSなどのソーシャルメディアでクーポンを配布するなどのサービスを行い、集客アップをしているのです。

大手衣料チェーン店のSNS活用

大手衣料チェーン店のSNSには、インターネットで話題になっているファッションをイラストにし、シーズンに合わせたコーディネートを掲載しています。
キャッチコピーやイラストを合わせることで、イメージしやすくなっています。
またそのコーディネートに合わせやすい小物も紹介をしているので、「買ったけど、着回し方がわからない」といった方でも安心ですね。

紹介されている洋服を持っていない方でも、気になったら実際に手に取ってみたくなりますよね。
そうしてお店に足を運ぶ方が増えていくのです。

今では、フードやファッション業界だけではなく、ホテルや遊園地などの娯楽施設などでも集客率アップのためにソーシャルメディアを活用しています。
今後は、より多くの業界にソーシャルメディア活用の輪が広がっていくでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る